A Song For You music

A Song For You




今後のライヴ予定!(2011年10~12月) :: 2011/08/25(Thu)

明日のライヴの後が少し決まりましたので、記載しておきます。

○2011年10月9日(日)@Groovy(小樽)
”y.m.p.”
高野雅絵(Vo)田中雄大(Sax)松田基史(Pf)矢木章(B)

音座なまらいぶ小樽というイベントに参加します。われわれは小樽駅から近くのGroovyさんで16時からです。
ジャズに拘らず美しい旋律の曲を中心に、歌とサックスの音世界を作れれば、と!
何気に初めての編成、松田さんの音使いもよいし、田中くんのマルチっぷりには感心。わたしもがんばります。
------------------------------------------------------
○2011年11月13日(日)@Jazz Spot Jericho
”y.m.p.+1”
高野雅絵(Vo)田中雄大(Sax)松田基史(Pf)矢木章(B)+川代雄太(Ds)

小樽のイベントに出演した面々で札幌でライヴも予定しています。
エキストラメンバーでドラムの川代さんにも参加してもらって、ひさびさの共演。これも楽しみ!
ドラム加わってまた自由度もあがって、歌がもっと広がって行きそうです。
------------------------------------------------------
○2011年12月9日(金)@Lazy Bird
高野雅絵(Vo)田中朋子(Pf)瀬尾高志(B)

このバンドでは見るもの、聞くもの、考えるもの、出す音、全てについて変わるキッカケをもらいました。
今年1月、このバンドからはじまりました。なので12月もこのバンドで。1年総決算にしたいな、と。
次回はどうなるでしょうか。12月までまたいろいろポジティブに悩み蓄えたいと思います。。
大好きなお2人とステージにあがれることがうれしい!楽しみ!
スポンサーサイト
  1. music
  2. | comment:0
ジェリコライヴ :: 2011/07/04(Mon)

7月ライヴその1のご案内です。来週水曜日です。

----------------------------------------------------------------------
2011年7月13日(水)20:00~ charge \1,500-
Jazz spot Jericho
札幌市中央区南3西3サンスリービルB1F
011-231-2529

高野雅絵(Vo) 田中朋子(Pf) 瀬尾高志(B)
----------------------------------------------------------------------

いろんな巡り合わせの歯車がかみ合って、このトリオも今年3回目になります。
回を重ねるごとに少しずつ場の瞬間の呼吸を捉えられるようになってきているような。
今回は、前回・前々回とはまた違った世界に行きたいな。
朋子さんと瀬尾のduoもきっと今回も素敵なことでしょうー!

密かにジェリコでのリーダーライヴは初めて。みなさまにはぜひお越しいただければ幸いです。
奏者も聴き手にとっても”気持ちのいいライヴ”になりますようにー!
どうぞよろしくお願いします!!
  1. music
  2. | comment:0
くもりの朝ーSUPER FOLK SONGー :: 2011/06/12(Sun)

早く起きちゃった。けど、くもり(くもりが得意じゃない...)。うーん。
なので、とっておきの好きな曲をかけてみる。

#nowplaying
SUPER FOLK SONG / 矢野顕子
SUPER FOLK SONGSUPER FOLK SONG
(1992/06/01)
矢野顕子

商品詳細を見る

発売したのは約20年前。その頃から家にあったから、多分、今までで一番愛聴してるアルバム。大好きでその中から何曲かステージでやっているくらいのお気に入り。

イッセー尾形(おおパリ)や糸井重里(SUPER FOLK SONG)の詞の世界がなんか不思議で子どもながらに好きだった。佐野元春の曲は佇まいがかっこよいな、って生意気にも思ってた(SOMEDAY)。少し大人になっていろんなことがわかるようになったら、ますますこのアルバムが好きになった。(中央線)をわかる年齢になって、はじめて逆にThe Boomのよさがわかった。メセニーを知ったのは20歳を超えてからだったけど、その曲はどこか懐かしさが同居した日本の古い唄のようで、どうしてこんな曲になるんだろうって圧倒された(Prayer)。

弾き語りでステージに上がる彼女がとても格好よくて大好きだ。まるで呼吸したり食べたりするように自然にピアノを弾き、それにぴったりと歌と詞をのせる。そんな嘘偽りない歌をわたしも歌いたいと思う。そうやっていつも襟を正してくれる、とっておきのアルバム、だ。うん、そして元気も少し出てきたかもね。
  1. music
  2. | comment:0