A Song For You 2011年06月

A Song For You




Overjoyed :: 2011/06/24(Fri)

ピアニストS氏の送別セッションへ出かけてきました。

・知った顔がたくさんで居心地がまずよかったこと。
・みんなで食べる手巻き寿司は美味しいということ。
・もちろん、Sさんのピアノをたくさん聴けたこと(トリオやら久々2管クインテットやら)。
・お初の歌い手の方と仲良くさせていただいたこと(実は歌い手の知人というのは少ないのだー)。
・宴もたけなわー、のときのピアニストPさんの自然発生的"Maiden Voyage"が素晴らしかったこと。

そして、Sさんと1曲セッション。
1度だけSさんとライヴに出させていただいたときのメンバーが偶然全員いたので、「あれ楽しいから」と、そのとき演奏した"Overjoyed"をベースのHさんからリクエストいただいた。

みんなが好きな楽しい曲ってどうしてあんなに演奏するとしあわせなんでしょう。

その余韻が残りつつ心なしかうきうき部屋に帰ってきて、その年末ライヴのリハ録音を引っぱりだしてきて”Overjoyed”聴いてみる。
ちょっと調律悪いピアノだけれど、わたしの歌もまだなんか固いんだけど、それでもご機嫌なサウンドでした。これは大事にとっておく。

Sさんありがとうございました。最後に大事な思い出をいただいきました。感謝。
スポンサーサイト
  1. daily
  2. | comment:0
リハとUstreamと :: 2011/06/19(Sun)

昨日のリハはスタンダードに回帰して2人でできることをあれこれ模索。
まずはひさびさで楽しかったし、いろいろweak point確認できてよかったー。
その後は少しだけセッションに参加して帰宅しました。

で。いつものお決まりの動作で帰宅してすぐパソコンをつけたら...
UstreamのBody&Soulのチャンネルで大好きな大野えりさんのライヴ配信中!!!
バックは若井優也(pf)米木康志(b)原大力(ds)各氏。あーかっこええなあ!

”In Time of The Silver Rain”というえりさんの曲がとても大好きで。
いつかわたしもやりたいなーなんて思っているのですが、昨日の配信でも聴けた!
YouTubeにはこの曲の若井さんとデュオver.があるんですが、それも密やかさとおどろおどろしさみたいなのが加わって雰囲気が違うけれど格好よい。

”So Many Stars”もやってたなあ。メモメモ。

ちょっと疲れた感もあったのだけど一気にゴキゲンモードで1日終えれたのでした。ふー。

#nowplaying
In Time of The Silver Rain / 大野えり
スウィート・ラヴスウィート・ラヴ
(2006/05/03)
大野えり

商品詳細を見る

歌も歌う姿も、自由で自然で。えりさんのような表現出来たらなあ、と憧れる。
  1. daily
  2. | comment:0
ライヴのお知らせ(2011年7月) :: 2011/06/19(Sun)

2011年7月13日(水)20:00~ charge \1,500-
Jazz spot Jericho
札幌市中央区南3西3サンスリービルB1F
011-231-2529

高野雅絵(Vo) 田中朋子(Pf) 瀬尾高志(B)


2011年7月17日(日)17:25~17:55
サッポロシティジャズ パークジャズライヴ
@STVホール
札幌市中央区北1条西8丁目
(札幌市営地下鉄東西線・西11丁目駅から徒歩約5分)

高野雅絵デュオ 高松伸二(Pf)
  1. Live Schedule
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
さて、いまから :: 2011/06/18(Sat)

リハに出かけてきまーす。

いつも元気もらえるピアノ女子と、ひさびさ2ヶ月ぶりくらいにふたりでです。

昨日の赤ワイン?二日酔い?は何のそのーー。

楽しみだー。いってきますー!
  1. daily
  2. | comment:0
またひとつ :: 2011/06/16(Thu)

昨日でまたひとつ歳をとりました。32歳ですしみじみ。

31は動の時期だったように思います。32はいかにそれを自分のスタンダードにしていくか。
そんなにたくさんとは言わないまでも、出来るライヴは大事にやっていきたい。もっと力もたくわえたい。
なりたい自分になるために、時間を大事に使うのだー。


そうそう、お祝いにカメラをもらいました。
今までのがもうだいぶ古かったのでかなりテンションあがります。RICOHのCX5というカメラ。
コンパクトカメラですが、ちょっと本格的な写真も撮れるみたいです。フォーカスもしっかり出来るし、ズームも10倍!トイカメラやミニチュアライズといった撮影モードもできる!わっくわく。

そしてさっそく出かけたついでに撮ってみました。

110616_1.jpg

旭展望台というところから、小樽の街並。
ちょうど片方割れてしまっていたグラスを買いにいったのですが、そのついでに初めて上った展望台で。
空の青と木々の緑がはっきりとしていてとてもキレイ。まさに大好きな6月そのもの!

心にとまったものをカメラに少しずつおさめていきたいと思いますー。ようし。
  1. daily
  2. | comment:0
くもりの朝ーSUPER FOLK SONGー :: 2011/06/12(Sun)

早く起きちゃった。けど、くもり(くもりが得意じゃない...)。うーん。
なので、とっておきの好きな曲をかけてみる。

#nowplaying
SUPER FOLK SONG / 矢野顕子
SUPER FOLK SONGSUPER FOLK SONG
(1992/06/01)
矢野顕子

商品詳細を見る

発売したのは約20年前。その頃から家にあったから、多分、今までで一番愛聴してるアルバム。大好きでその中から何曲かステージでやっているくらいのお気に入り。

イッセー尾形(おおパリ)や糸井重里(SUPER FOLK SONG)の詞の世界がなんか不思議で子どもながらに好きだった。佐野元春の曲は佇まいがかっこよいな、って生意気にも思ってた(SOMEDAY)。少し大人になっていろんなことがわかるようになったら、ますますこのアルバムが好きになった。(中央線)をわかる年齢になって、はじめて逆にThe Boomのよさがわかった。メセニーを知ったのは20歳を超えてからだったけど、その曲はどこか懐かしさが同居した日本の古い唄のようで、どうしてこんな曲になるんだろうって圧倒された(Prayer)。

弾き語りでステージに上がる彼女がとても格好よくて大好きだ。まるで呼吸したり食べたりするように自然にピアノを弾き、それにぴったりと歌と詞をのせる。そんな嘘偽りない歌をわたしも歌いたいと思う。そうやっていつも襟を正してくれる、とっておきのアルバム、だ。うん、そして元気も少し出てきたかもね。
  1. music
  2. | comment:0
Live 2011/06/10 :: 2011/06/11(Sat)

B-flatさんで定例のライヴでした。共演はいつものメンバー、高松伸二(Pf) 矢木章(B) 皆川洋仁(Dr)。

偶然?にも歌をほんとに大好きなお客さんがたくさん来てくださって、1コーラス毎に拍手と声をいただいて、なんてしあわせなんだろうか、って。ひしひしと歌いながら感じていました。

いつもはにぎやかな曲で締めることが多いのだけど、珍しく今回はスロウで。おやすみなさいの意を込めて、"Nightingale Sang in Barklay Square"。いい曲だなー。

あろうことか今年から鼻炎になりたてのわたし。通院はしてるものの薬がまだちゃんと効いてくれなくて、咳がひどくて日常がちょっと大変な時期で。しかし身体が本調子ではなかったけれど、そんなノリのよいお客さんにすっかり「のせて」いだいて気持ちよく演奏できました。感謝!

20110611005123.jpg
 このお花はいつも見に来てくださる
 Mさんからお誕生日に、といただいたもの。
 
 そなのです、あと数日でお誕生日。
 無条件にうれしい季節。
 
 札幌の街中の新緑や花々を見るたびに、
 この季節に生まれてよかったと
 心から思える。

 そんな季節に、
 じんわりいいライヴが出来てよかったな。

 また次、がんばりましょ。
 
  1. Report
  2. | comment:0
ライヴのお知らせ(2011年6月) :: 2011/06/10(Fri)

2011年6月10日(金)20:15~ charge ¥1,000
@Live Bar B-flat
札幌市中央区南1条西25丁目2-22パケットビル地下1階
011-622-5514

高野雅絵(Vo)カルテット 高松伸二(Pf) 矢木章(B) 皆川洋仁(Dr)

  1. Live Schedule
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
朝日 :: 2011/06/09(Thu)

asa

初夏は朝日で目が覚める。
のそのそ居間に出てきて、観葉植物に陽があたるのをみるのはなんとも心地よく。

さて、今日もいちにちがんばりましょう。明日はライヴだしね!
#nowplaying
Commonly Unique / The Real Group

コモンリー・ユニークコモンリー・ユニーク
(2006/10/11)
ザ・リアル・グループ

商品詳細を見る

スウェーデンのJazz A Cappellaグループ。
大学時代、彼らの演奏をたくさん聴いてコピーして、ライヴがあれば東京だって岡山だって出かけて行った!声の持つ魅力と不思議をおしえてもらってたんだな、きっと。スタンダードも彼らからたくさん学びました。
このアルバムはジャケットからも伝わってくるように、おひさまみたいなあったかさがたくさん詰まってる。聴くと思わずほわほわしあわせな気分にさせてくれる。
  1. daily
  2. | comment:0
はじめます :: 2011/06/08(Wed)

これまでblogをしようかしまいか悩んでいたのですが、えいと初めてみることにします。
いろんなことを、自分のことばで。そしてたまにライヴのお知らせも。

それではどうぞよろしくお願いします。
  1. others
  2. | trackback:0
  3. | comment:0