A Song For You 2013、またね。

A Song For You




2013、またね。 :: 2013/12/31(Tue)

終わるよ2013。

楽しかったー辛かったーつかれたーうれしかったー。

心が赴く方へ、赴く方へ。
ただひたすらに、それを追いかけていたら今日でした。

今年1番大きな出来事…いつか出来たらいいな、とただ漠然とした思いでしかなかったCDを作るとかそういうことは、年初には具体的なことは何にもなかったのだけれど。ひょんなきっかけやつながりをいただけて、どうにかこうにか自分の誕生日=リリース日、6月15日にたどり着いたのですが。

縁というものが引き寄せる圧倒的な力を感じたからこそ、自分もそこに向かって本気になってやったし、そうやってエネルギーをかけてモノゴトを動かそうしたとき、そこで接したひとの本質(核)に少し近づくことが出来て。そこにはうれしいこともたくさんある反面、嫌な面がたーくさん見えたりもして、ダメージ受けたし失ったものもたくさんあって。

そのこと自体は自分は本気だからこそ受け入れられたのだと思うのだけど、それにしたって莫大なエネルギーを費やした一大プロジェクトだった。共演者とお世話になった方々にはほんとうに感謝しています。


歌うことについて。
しばらくの間、自分はどこにも居場所のない蝙蝠のような存在だと思っていた。でも今年は理解してくれるひとたちにちゃんと出会えた(出会い直せた)ような気がする。孤独な作業がほとんどだからこそ、一緒に音を出していけるひとに出会えることはほんとうにありがたいことで。だから、自分はどういうことをしているのか、どうしたいのか、来年はこれまで以上にたくさん勉強して・外に発信してゆけたらと思っています。


目に見えない、心のつながりとか、癒したり癒されたりすることとか。
明くる年も自分の心が届く方にまっすぐに。
音に対してはただただ誠実でいられるように。
漠然とした予感のようなものだけれど、来年はいくつか決断をすることがあるような気がする。
そのタイミングをいまはしずかに、待ちたい。


みなさま来年もよろしくお願いいたします。
いつもありがとうございます。どうぞよいお年を。

高野雅絵
2013/12/31
スポンサーサイト
  1. daily
  2. | comment:0
<<Live Schedule 2014 Jan. | top | Chirstmas @ Kriti>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する