A Song For You 雷鳴
FC2ブログ

A Song For You




雷鳴 :: 2014/08/22(Fri)

鳴ってるなあ。光ってるなあ。

これくらい勢いよく降ってくれると、いつもは気分もスカッとしたりするものだけど
きょうはどうもそうではなかったみたい。

そんなことではいけないわ、と、Ceder Waltonが演奏している"Bolivia"を聴いてみる。
George Colemanのテナーが艶っぽくてのびやかでとても気持ちがよいのです。

そうそう、最近、気になるCDをあちこちのショップを探しまわってあれこれ買っているのですが
(たまにどーんとまとめて買うムーヴメントがやってくる)
今日届いた、Doug Carnの”Revelation”というアルバム。
昔好きだったAcid JazzやFunkの源流みたいなのも感じられて、ものすごくかっこいいんだな、これが。
Jean Carnのうたが力強いけど、ふくよかで。イカしてる!

IMG_0896.jpg


この、Black Jazzというレーベルの全20枚の簡単なライナーを書いてるサイトを見つけたのですが
さらっと読んだだけだけどぜんぶ欲しくなった...
こういう色の音楽は親がよく聴いていたせいもあって小さいときから身近にあったので、
大人になってもやっぱり染み付いてるもんだなあ。

たまに好きな音楽のはなし。

あ、また光った。そしてよく鳴っている。

オープンなものではないのですが明日の演奏のオファーを急にいただいて。
なんともありがたい限り。。

というわけで、ビールくいっといただいて、はやくやすんで明日にそなえようかなあ。
スポンサーサイト



  1. daily
  2. | comment:0
<<さてさてさて! | top | ひとねむり>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する