A Song For You Barcelona ひとり旅

A Song For You




Barcelona ひとり旅 :: 2015/04/17(Fri)

4月7日から6泊8日でバルセロナにひとり旅に行ってきました。

ことしはどこか海外に行きたいなあ、と行き先のあてもなくなんとなく年始に思っていて、4月にどっさり日程が空きそうなチャンスがあったのでここぞとばかりに。
いろいろ行き先を考えた結果、ひとりでくるくる楽しめそうなバルセロナへ。

Gaudiの建築をひと通り見に行ったり、Figuerasというフランスに近い街までローカル線でDaliの美術館に行ったり、ジャズ聴いたり(アメリカ人のピアニストCyrus Chestnut)カタルーニャ音楽堂でオーケストラ聴いたり(Mahlerの2番 合唱隊と歌唱がすばらしかった)。リセウ劇場のクイックツアーで、次回のオペラ(Bizetのカルメン)のリハーサルを見れて大感動。

Figuerasへは行きは快速で行ったのだけど、帰りは電車の待ち時間がもったいなくて快速のチケットを持ってたけど4ユーロくらいしか変わらないし、なんとなーくやってきた鈍行に乗ってみた。2時間の旅。
検札に来た車掌さんが、ちょうどわたしの車両にいた地元のひとといきなり口論して次の駅でむりやり降ろしてたり(無賃乗車だったのね)、いきなり車内でオカリナ吹いて(それも"コンドルは飛んで行く"を...変なタンギングで...)座席をまわってお金を無心してくるひととか(寝たふりしたけど)。

あまりに行きの快速と世界が違いすぎて(車両もだいぶくたびれてたし)こんな電車で寝たらいかんと思いつつ、疲れ溜まっててさすがに耐えきれず。オカリナで起こされたときこれは不用心だと思った、あわわわ。

日曜の昼にぽこぽこおさんぽがてらカテドラルに行ったら、サルダーナという民族舞踊を生バンドでやっていて、ものすごく感動してしまった。

その後カテドラルに入ったら日曜のミサをやってて、セキュリティのおじさんに入れるの?と聞いたら、もう終わるけど、と言いつつも入れてくれて、平和の挨拶を地元のひととしてきた。大きい聖堂内でなんだか静かな気持ちになってみたり。

安上がりにするために、今回はフライトやらホテルやら自分で手配。
成田〜ヘルシンキ〜バルセロナ。ヘルシンキからのバルセロナ便は日本人がほとんど乗っておらず、さすがに少し心細かったけれど。

小さなホテルで、旧市街にあってモニュメンタルに指定されてるとこで雰囲気もとってもよくて静かだし、観光の合間によく昼寝に帰っていました。

ほとんど朝起きてから何をするか決めてたので、気ままな思いつきひとり旅。いろいろ観光スポットに出かけたけど、ありがたいことに日本人にほとんど会わなかったし、異邦人満喫。

行きは成田前泊だったけど、帰りはバルセロナから札幌までノンストップ。早朝7時にバルセロナのホテル出てから、札幌の我が家まで26時間...さすがにこれは疲れた。

いやいや楽しい旅でした。ひとり旅、くせになっちゃうかも。

201504170144476ca.jpg
スポンサーサイト
  1. daily
  2. | comment:0
<<Blue Spring | top | ありがとうございました>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する